胃の健康の為にお酢を飲もう!その効果と注意点を紹介

胃の健康にお酢が効果的

胃の不調の大半がストレスとピロリ菌が原因と言われています。

ピロリ菌は胃壁を傷つける細菌で、日本人の50%が保菌しているという報告があります。

そしてピロリ菌対策として効果的なのがお酢で、特に黒酢はピロリ菌を除菌する働きがあります。

また黒酢にはアミノ酸などの栄養が豊富で、殺菌力が強いので胃の健康を守る効果が期待できます。

さらにお酢に含まれる栄養素の一つである酢酸には新陳代謝の働きを促す作用があり、新陳代謝がアップすることで胃腸も活動的になるので腸内環境を改善し、便秘を解消することが出来ます。

他にも、酢酸には胃酸の分泌を促進する作用があるので、胃の消化活動が活性化して食欲増進効果もあると言えます。

お酢を飲む時の注意点

胃の健康にいいと言われるお酢ですが、お酢にはそのまま飲むタイプと水、炭酸水などで薄める希釈タイプのモノがあります。

その点をきちんと確認せずに希釈タイプをそのまま飲むと、強い酸性のダメージを受けて胃が荒れる恐れがあるので注意しましょう。

また胃腸が弱い人、子供がお酢を飲む場合は、薄めのお酢を飲むようにして様子を見ながら濃度を調節するようにして下さい。

さらに子供の場合は、水ではなく牛乳で薄める方法もあり、飲みやすい上にお酢はカルシウムの吸収をサポートする作用があるので成長期の子供は牛乳で薄めることをお勧めします。

あと胃の健康にいいといっても過剰摂取はNGです。

沢山飲んだら効果が高まるといったモノではなく、1日の摂取目安を守り、多くても1日で30mlまでにしておいてください。

それとお酢を飲むタイミングとしては空腹時を避けて食事中、食後に飲むように心がけましょう。

それと就寝前に高濃度のお酢を飲むと歯に悪影響を与えるリスクがあります。

歯が溶ける酸蝕歯にならない為にも酸が歯に長時間付着することは避ける必要があるので、お酢を飲んだ後は必ず歯を磨くようにして下さい。

これらの点を注意して毎日お酢を飲むことを続けることで健康的な胃を目指すことが出来ます。