胃の痛みを和らげて、健康な胃を保つための食材について

胃に負担をかけずに痛みを和らげる消化の良い食べ物とは、食物繊維が少ない食べ物・胃腸を荒らさない食べ物・胃に留まる時間が短い食べ物です。

消化しやすく食物繊維が少なくて胃に優しい食べ物とは、主食で言うとパン・お粥・うどんが挙げられ、逆にラーメン・玄米・赤飯は胃に負担となります。

おかずや果物として胃に良いとされる食材を挙げると、バナナ・林檎・桃・白身魚・鶏のささみ・豚や牛の赤みのひき肉などがありますが、卵・大豆製品・牛乳は胃に負担がかからないので、胃が痛む時にはお勧めだと言われています。

しかし、卵は胃に負担をかけないと言っても調理法によっては違い、卵は火を通すほど胃に留まる時間が長くなってしまうため、卵焼きは胃に良くないとされています。

目玉焼きやゆで卵を作る場合は半熟状態にして食べることが望ましく、卵料理でも茶碗蒸しは胃に優しいとされています。

牛乳は胃液の酸性度を抑えて胃を守る働きがあるので、積極的に飲んだり調理として取り入れたい飲み物です。

冷たい牛乳は胃に逆効果なので、ホットミルクにして食間に飲むのがいいのですが、熱すぎてもダメなので温かいと感じるくらいの温度で飲むのが良いとされています。

牛乳が含まれる食品のプリンやヨーグルトも胃に優しいですが、クリームは例外として胃に負担をかけるため注意が必要です。

良い植物性たんぱく質が含まれている大豆製品も、胃の回復力を高める効果を発揮するため、納豆を食べたり、豆腐入りの味噌汁を飲むと良いです。

バターも胃に負担をかけないため、食パンにバターを塗って朝食として毎日食べても安心です。

納豆以外にも、ネバネバとした食材のオクラ・山芋・モロヘイヤ・めかぶ・なめこなども胃には良いです。

揚げ物やスナック菓子などの脂が多い食べ物や、チョコレートやケーキなどの甘い食べ物、刺激の強い香辛料やラードやマーガリン、お茶ではなく炭酸飲料やアルコールやコーヒーなどカフェインを含む飲料水は、胃が痛い時にはお勧めできない食材です。

胃の負担を避けるため、食べる量は腹八分目までとし、一口一口よく噛んでゆっくり食べることが大切です。