胃部の健康診断で精密検査が必要な場合の原因と対処方法

健康診断で胃部の精密検査が必要と言われた場合はどうしたら良いのでしょう。

健康診断で行われるバリウム検査は、正式には、上部消化管造影検査と言います。

通常のレントゲン写真とは違い、X線を連続して照射しながら行うものです。

これはバリウムがX線を透過しない性質を利用したものです。

バリウムが口から食道、胃、十二指腸へと流れていく様子を、動画で撮影していきます。

バリウム検査で多い初見が慢性胃炎です。

慢性胃炎の場合、胃の粘膜表面が胃酸過多や暴飲暴食によって荒れた状態になります。

正常な胃粘膜とは違い、粘膜表面が荒れているために、細かいしわのような場所にバリウムがたまるので、ちりめん皺のような特徴的な模様が写ります。

また、バリウム検査の目的は、胃がんや食道がんを早期発見することです。

がんの場合は、必ず粘膜面に変化が見られるのが特徴で、とろみがあるバリウムは、胃の粘膜に少し付着します。

バリウム検査では、検査台に乗って、左や右へと体の方向を変えながら撮影を行います。

なぜ体を様々な方向に変えるのかというと、バリウムが粘膜表面を滑り落ちていくときに、ポリープや潰瘍などが無いかをチェックしているからです。

慢性胃炎自体はあまり心配はありませんが、胃炎や胃潰瘍を繰り返す場合は、ヘリコバクターピロリ菌が原因の可能性がありますのでチェックが必要です。

その他にも、胃潰瘍や胃のポリープ疑いなど、いくつかの異常所見があります。

多くは重大な異常ではありませんが、中には、胃がんや食道がんの初期段階のものである可能性が疑われる場合、医師より、「要精密検査」というコメントが出されます。

バリウム検査で「要精密検査」と指摘された場合は、あわてずに検査結果に従い、精密検査を受けましょう。

精密検査は内視鏡検査によって行われます。

胃粘膜表面の状態は、バリウム検査に比べると内視鏡検査の方が良くわかるからです。

バリウム検査の所見は自己判断せず、医師の指示に従うことが、がんの早期発見・早期治療のためには大変重要になります。